0

いじめに対する大人のプランニング

近年の日本における最大の問題のひとつに「いじめの問題」がありますが、実際にいじめられている子供(場合によっては大人も)にどうアドバイスすべきなのか、というところは非常に難しいことであるといえます。
本来であれば、「なぜいじめられることになってしまったのか」というところから徹底的に原因を究明しなければならないはずですが、しかしこと「子供のいじめ」に関しては、保護者が非常にピリピリとした緊張感をみなぎらせていることが多いため、そういう方向でプランニングすることさえ難しい状況であるといえるのです。

というのも、「いじめられている原因について調べたい」などと言ってしまうと、「いじめられたほうが悪いと言いたいのか!」と曲解されてしまうことになるからです。
重要なことは、いじめられている子供が孤立してしまうのを避けることです。

あるグループ内で、ちょっとしたきっかけから、ある子供だけがいじめのターゲットになってしまうケースは多いですから、そのグループではいじめられている子供が孤立してしまうことになります。

しかし、そのグループ以外まで含めれば、その子供だけが孤立しているわけではない、という環境づくりが、親や教師にとって非常に重要なことであるといえます。