0

教師の認識の甘さ

本来、「いじめ」の問題に対してもっとも積極的に、有効な手段を講じなければならないはずの「教師」が、いじめに対する処理能力がない、あるいは、いじめがあるのを知っていながら見て見ぬふりを決め込む、さらにひどい例では、いじめに加担するなどいった、これ以上ない低能教師のウワサが報道されるという、非常に嘆かわしい事態が話題になることが多いです。

まあおそらくいじめに対する処理能力が低い教師は、昔からいたと思いますし、見て見ぬふりをする教師だって最近にはじまったことではないでしょう。しかしさすがに「いじめに加担する教師」なんていう世も末といった話だけは、これまで一度も耳にしたことがありませんでした。

子供の言い訳でよくあるのが、「いじめているつもりはなく、遊んでいるだけだった」というものがありますが、なんと、いじめに加担していた先生までもがまったく同じ発想で、「いじめではなく、遊んでいるだけだと思った」などと平気な顔で答えるというのですから、これは本当に呆れ果ててしまいます。

いじめの問題は、教育現場、家庭の問題というだけではなく、「教師の問題」であるといっても過言ではないはずです。しかしそもそも教師自体がそのことを認識できていないというのが、どうやら実際のところのようです。