0

もはや子供だけの問題ではない

おそらく多くの人が、「いじめ」は子供特有の社会のひずみであると考える人が多いと思いますが、しかし実際のところ、いじめは大人の社会の中にも潜んでいます。

「会社でのいじめ」などは比較的昔から取り上げられてきた現象でしたが、近年増加してきているのが、「保護者のいじめ」です。

もちろん、子供の間に見られるいじめのように、いきなりいじめが始まるわけではありません。

ただ、そのきっかけは、やはり「子供絡み」になることはほぼ間違いありません。
よくあるパターンでは、ある子供が大勢の子供をいじめの対象にしていたというシチュエーションで、そのいじめを行っている子供の保護者がいじめのターゲットになってしまった・・・というケースです。

これはある意味、子供がいじめられることに対する批判を、直接行うのではなく、間接的に行うための手段として「いじめ」が採用されたというパターンですが、いくらわが子がかわいいとはいえ、さすがに子供の模範となるべき親の対応としては大きな問題があるといわなければなりません。
もちろん、特に小学校入学前のママの間では、上下関係が明確になりやすく、子供のいじめのような「仲間はずれ」のような対象になってしまうと悩むお母さんも近年多くなってきています。